スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬を越す前にクラメン募集

スポンサーサイト

ゲーミングデバイスを使う意義

AVAのイベントでゲーミングデバイスを使う意義のイベントがあるらしく丁度いいので自分の考えを書きたいと
思います。
なぜゲーミングデバイスを使うのか?
その理由は簡単、使えば勝つ確率が上がるから
自分も使ってからAIMも上がり勝てるようになりました。
また、ゲーミングデバイスを使うことにより自分に合った物が使えます。
ゲーミングデバイスには、多種多様のメーカーがあり様々なデバイスがあります。
しかし、ゲーミングデバイスという物は現状お金がかかるもの。
お金がかかるということを頭に入れておくのがよいでしょう。
その中で自分に合ったマウスやマウスパッドなどを探す。
これもゲームをやる上での楽しみの1つともいえます。
マウス
これが一番自分のゲームをやる上でAIMやプレイに関わってくるものでしょう。
お店にいけば触れたり、使いたいマウスでゲームが出来るので体験するのが一番いいでしょう。
マウスパッド
マウスパッドを置くことによりマウスを動かしやすくなったり、AIMが安定したりします。
種類によってはとても滑るパッドやプラ板などがあります。自分のセンシがどれくらいか、または
振り向きはどれくらいかなどで必要な大きさや滑りが変わってきます。
キーボード
これが自分のプレイやパフォーマンスにはあまり関わっこないと思います。
しかし、押しやすいキーボードを使うことによって自分のしたい行動がいち早く伝わります。
キーボードをどこのメーカーも高価なのでしっかりと見定め、また体験するのが重要。
モニター
自分はBenQ XL2420Tを使っています。120hzモニターなので通常のモニターより2倍の
コマ数が表示されているのでゲームをやる上でかなりプレイがしやすくなります。
ネットカフェなどやイベントで他のPCのモニターでプレイするとほとんどが60hzなので
家で120hzを使っていると違和感を相当感じます。モニターはマウスと同レベルに重要だと思います
アクセサリー
僕は細かいことを気にしがちなのでコードホルダーは必須です。
なぜか、コードがまとまってないでぐちゃぐちゃで音がしてるとそれが気になって気になってゲームどころじゃなくなるくらい気にしてしまいます。
マウスソール
ソールお好みでいいと思います。パッドの滑りだけじゃ足りないとか、マウスに元からついてたソールがはがれてきたとかに使えばいいです。

Qck heavy

Qck heavyは猛者といわれる人やDeToNatorも使っている人が多いはず。
今年の春以降にDeToNator Editionもでるくらい人気の高いマウスパッド。
耐久性が高く、特別設計されたノンスリップゴムベース。
一番の特徴はやっぱ厚さかなぁ
Qck+ Fnatic Editionと比較してみました。
130304_142204.jpg
上がQck+ 下がheavy
すごく厚い。
まだ買ったばかりなので大切に使っていきたい
SteelSeries QCK heavy 63008SteelSeries QCK heavy 63008
()


商品詳細を見る

SENSEI[RAW]


どこがSENSEIと変わったのでしょうか。
簡単にまとめると
・SteelEngineでFREEMOVE(直線補正)や加速など、細かく設定ができなくなった。
・値段が安くなった
・重さが10gほど軽くなった。
形や大きさは見るとこんな感じ
130304_142026.jpg
右がRAWで左がSENSEI ※画像が切れてて分かりにくいが白いのがKINZU
あまり変わらないでしょ?
RAWはとにかくクリックがしやすいのでタップもしやすい!
SENSEIよりしやすいと思う
ただ、RAWには1つ難点があってリストオブディスタンスが生じるんです!
リストオブディスタンス
要はマウスを持ち上げるときにカーソルが反応してしますこと
ローセンシの方はマウスを振るためによくもちあげると思うんですが、その時に反応してブレが生じるんですよね。
自分は1日でなれましたが、変な感じは正直しました。
SteelSeries SENSEI [RAW] Glossy Black 62154SteelSeries SENSEI [RAW] Glossy Black 62154
(2012/07/27)


商品詳細を見る

steel series SENSEI  

開発にプロゲーマーが携わり、Fnaticも使っているSENSEI

特徴
・DPI(CPI)が1から調整できる。
・加速やマクロ(AVAでは禁止)の設定ができる。
・LEDを好きな色に変えることができる。
・直線補正を入れることができる。

悪い点
・ローセンシの方は断線しやすい。
・精密機械の面もあるので壊れやすい。
・マウスに汗やごみがつきやすい。

SENEIには色々と種類があります。
ざっとあげていくと
SENSEI
SENSEI[RAW]
SENSEI Fnatic edition
SENSEI MLG Edition
RAWはSENSEIよりも安いので買って特だと思います。
マウスソールはSENSEIverはないのでGLIDE XAIを買う
 SteelSeries日本HP
SteelSeries Sensei 62150SteelSeries Sensei 62150
(2011/10/28)


商品詳細を見る
プロフィール

bumo

Author:bumo
AVAしてます。
Name bumo
クラン QubeLey
Twitter
@ava_bumo

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。